« サイドバー | トップページ | 続・切手収集 »

2006/01/29

中国のお正月・春節

chineas
1/29は、中国では旧暦のお正月を祝う春節という日で、1年で最も重要な祝日だそうだ。

ネオペットでもそれにちなんだグリーティングカード、フード、おもちゃなどがリリースされた。
pinkpt.comではChinese New Year Shopkeepersとして、リリースされるであろうショップキーパーの画像が紹介されている。が、なんと招き猫がその中に。中国に招き猫ってあるなかなあ。でも、ウォッキーが持っているのは、小判。きっと日本と中国を混同しているのだろう。アイシャは、ネオポイントの招き猫。先日のミュータントカドーティーとは大違いの福々しさだ。
1619 1617

|

« サイドバー | トップページ | 続・切手収集 »

コメント

グレースさん こんばんは

うちには未だに門松が飾ってあって、主人に『いい加減になおしなさい(こちらの方言で、”片付けなさい”という意味です。)』と言われた時に、中国のお正月が来るまで飾っとくの… と言って片付けるのが面倒なのを誤魔化していましたが、中国にお正月が来たから今度こそ片付けないと…

招きウォッキー、これは完全に日本版ですね。
招きアイシャちゃんはかわいいけど^^
ときどきネオペスタッフ日本と中国がごっちゃになってるんじゃないの!?って思うときがありましたけど、これで完璧にごっちゃになってるんだと確信しました。
それともやっぱり中国にも招き猫いるんでしょうかね?

投稿: あき | 2006/01/29 19:02

気になったので調べてきました。


 店先にちょこんと座っておいでおいでと手招きしている招き猫は、江戸時代末期に江戸の町で誕生しました。達磨や福助と並ぶ日本独特の縁起物のひとつです。江戸、明治、大正、昭和、平成と5つの時代を生き抜き、庶民のために福を招き続けています。左手挙げが「人招き」、右手挙げが「金招き」と言われますが、時代の変化を反映して「恋愛」「長寿」「宝くじ大当たり」などさまざまな御利益が付与されてきました。  特に平成に入ってからは、空前のペットブームもあいまって、猫好きの人気を集め、実に多種多様な招き猫が作られるようになりました。

だそうです。
ということは、完全に日本生まれですよね。
招きウォッキーちゃんと招きアイシャちゃん二人とも左手を挙げているから「人招き」という事になるのでしょうか。
確かにショップでは人が来ないと儲かりませんもんね(;^^A

投稿: あき | 2006/01/29 19:11

この2つの画像リリースされたら、使ってみたいです♪
サイドバーもそうですが、ブラウザによって表示の違いで悩んでます。
IEをメインで設定するか、もじら系で設定するか!?
ズィートックのページもIEだと普通に?見えるけど火狐では被りまくり(涙
如何すれば良いのか…

投稿: アッシュ | 2006/01/30 13:33

中国と日本の違いが分かる人は、こちらでは少ないですよ。
私なんか、職場で同僚から中国語の手紙や、韓国語の手紙などを持ってきて、何が書いてあるのか読んでくれ・・・と言われますよ。
日本語じゃないから読めないと、と何度も説明してあるのに、全然違いが分からないようです。
中国人のお店に行くと、招き猫とか達磨が置いてあります。
日本の招き猫は結構人気があるようですよ。

投稿: スマイリー | 2006/01/31 02:50

<あきさん>
招き猫ははやはリ日本独自のものなのですね。調べてくださってありがとうございました。勉強になりました。上げた手で人を招くか、お金を招くか決まっているなんて知りませんでした。それでウォッキーは左手と右手と両方あげているのがあるのですね。

<アッシュさん>
ブラウザによって見え方がそんなに違うのですか。わたしはIEしか使ったことがないのでよくわかりませんが、IEを使ってないかも結構いらっしゃるんですね。どれでも同じように見えるようになればいいのに。Firefoxも使いやすそうですものね。

<スマイリーさん>
やっぱり、アメリカ人には区別しづらいでしょうね。日本人でも、黙っていたら、アジアの人の顔だけでは区別できませんも
の。先日アメリカのドラマの『グレーズ・アナトミー』を見ていたら、サンドラ・オー演じる外科インターンが中国人と思われて、通訳を頼まれたけど、韓国人だったという話がありました。わたしも、中国系だと思っていたので笑っちゃいました。^^

投稿: グレース | 2006/01/31 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65932/8396923

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のお正月・春節:

« サイドバー | トップページ | 続・切手収集 »